goro-180x225
 

Before 1

 

Before 2 ハウス嫌がり噛む

 

Before 3 マズルを着ける時

 

Before 4 散歩(パパ編)

 

After 1 ハウス

 

After 2 マズルを着ける時

 

After 3 散歩(パパ編)

 

ミニチュアピンシャー(2歳 ♂)ゴロ

メール・オンラインセッション
 

Masumiさんのおかげで私達の落ちる所まで落ちたドッグライフがガラリと変わりました。
10ヶ月ぶりに触れたあの感激は言葉ではいい表せないです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
今から約一年前。
何をしても大丈夫だったのが嫌な事をするとゴロ(ミニチュアピンシャー 2歳 4ヶ月)は私達に唸り、時には噛むようになりました。
その対処方法が分からず日に日に噛む回数も増え威嚇も酷くなってきました。
これはいけない!!!と思い距離は遠かったですが問題犬専門をリハビリして下さるドックスクールを見つけ通い続けました。
 
そこでトレーナーに言われた事は
 
・犬に犬のマナー知らないまま触るな!
・犬を怒るな!
・日本語で話しかけるな!
・3歳まではフリー飼い禁止!
・3歳までは散歩以外はハウス生活させろ!
・動く時はゆっくり動け!バタバタするな!
・決まった時間のトイレと散歩をしろ!
・犬が唸ったら目をさっとそらしその場から立ち去れ!
・噛まれても手を引かず笑顔で噛まろ!
・犬を人に合わせない。特に子供と主人の両親はダメ!
 
などなど書き出すとキリがないので。
(これを実践するとどうなるかMasumiさんのメルマガやセッション受けられた方なら御想像つきますよね。)
 
トレーニング中も犬を知らないとバカにされ(その為に通ってるんですけどね。)挙げ句の果てに私は噛まれるとビックリしてドキドキするからパニック障害だと言われ。。。(これ 誰でもドキドキする気が。)
犬の事は素人無知の私達。トレーナーを信じてました。
確かに嫌がる事をしなくなったので噛む行為や威嚇は減りましたが嫌な事をすると即、攻撃してくるようになりました。
 
通い始めて10ヶ月たったぐらいトレーナーからマズルもつけず正面に座り
ゴロの目をじーーーーっと見つめ頬を触れと言われました。
怖いです。という私にトレーナーは
「噛まれろ!噛まれろ!ゴロをこうさせたのはあなたなんだから少しは痛みを知るべき。」そう言われました。
冷や汗出しながら 私が悪いんだ、、、そう思いガタガタ手を震わせて触ると予想通り噛まれました。
 
その様子を見て「ゴロ!!」とゴロを呼び寄せた主人がトレーナーに
「噛まれる様子を冷静に座って見ていられないような気の小さい奴に犬は無理!」などなど色々罵倒されました。
噛まれないよう教えてもらう為にスクールに行ってるのに噛まれる為にこれから毎週行かなきゃいけないかと思うと精神的に参ってしまって。
かといってゴロをこのままにしておけない。
正直、保健所も頭をよぎりました。そのぐらい切羽詰まってたんです。
 
ネットでよいトレーナーがいないか探してた矢先
私は噛む犬を治したという方のBlogを拝見し、そこでMasumiさんを 知る事になります。
よく調べると MasumiさんはLA在住でどうやってトレーニングするの?!と思ったらメールでのやりとりだという事。
元々トレーナーに不信感を抱いていた主人。
例の一件で完全トレーナー不信になり絶対に振込詐欺だと言って聞きませんでした。(失礼な事書いて すいません。)
 
主人に内緒でDoggies911に相談のメールを送り
スタッフの方(ユウコさん ありがとうございますっ!!)が何度もメールで親切に色々説明してくださり時には励まして下さり
もう騙されてもいいや!!覚悟でセッション申し込みました。(前置き長くてすいません。)
まず Masumiさんに「ゴロをここまでにしたのはこのトレーナー。全て一から ハンドリング教えますので今までの事は全て忘れて下さい。」そう言われました。
 
確かにドッグスクール通う前までは多少なりとゴロに触れてました。
リードも付け替える事できてました。
それが 10ヶ月後には、、、

Before 1

ただハウスの横を通るだけでこの有様。。。居間で寝転んでもこのようにハウス越しに威嚇してきました。
触ろうとするだけで 噛むので(本気噛み)リードも首輪から外せない状態でした。
散歩に行く時も リードを取ろうとすると警戒して威嚇。
散歩は私の時はいつでも二足歩行。大型車に飛びかかり人間に吠え犬には気が狂ったように吠え飛びつき。。。
散歩から帰ってきても足も拭けません。シャワーでオヤツ使って騙し騙し。それでも機嫌悪いと噛みます。
ハウスもなかなか入りません。
どうにかオヤツ使ってハウスさせても扉閉めると攻撃してきます。
触れないから体も洗えない
爪も切れない
病院も10ヶ月間連れていけませんでした。
(今となれば”間違った教え”のおかげでゴロがこのような状態になった理由が全てわかります。)
 
Masumiさんから教わった事は飼い主の考え方を変える事でした。
Masumiさんが側にいなくても(いてくれた方が 犬にとっても100倍以上効き目あるでしょうが、、、)
メールセッションでもトレーニングできるのは犬を変えるんじゃなくて飼い主を変えるからだって事に徐々に気づきます。
そしてゴロを怖がっていた私の心を見抜き叱咤激励しながら心のリハビリもして頂いた気がします。
(といっても私はまだ噛まれる事の恐怖感は100%拭い去る事はできないですが、、、これも少しづつ時間かけて治ったらいいなって思います。)
それに何度 ハッ とさせられた事か。
この犬でも人間でも見抜ける力がMasumiさんのすごい所!!
 
Masumiさんからのメールを何度も何度も見ては夜はトレーニング。
はじめは正直辛かったです。
うちの場合はチョンチョン パパッとってわけにいかなかったし
革手袋2枚重ねでリードもマズルもつけてましたから。汗
でもトーレーニングしていくうちにみるみるゴロが変わっていくのがわかります。
 
できるようになった動画はほんの一部です。なんせ一時は何も出来ない状態でしたので。
そして何より変わったのは主人だと思います。
主人が協力的でなかったら絶対に無理でしたから。
 
はじめは強い不信感から入ってましたがMasumiさんが以前のトレーナーのような口先だけじゃない(前トレーナーはゴロに触りもしなかった)体張って問題犬と向き合ってる姿を見て
心打たれたようで今では私より早くメール見て動画見直して勉強してます。
で今ではちょっとしたトレーナー気取りです。笑
でも考え方を変えるだけで犬との接し方が見えてくるんです。
Masumiさんが言われる通り犬ってシンプルなんだなぁって事がよくわかります。
 
ゴロはまだ噛んだり唸ったりもします。
ですが今はなんとでも対処できる自信があります。(特に主人は自信満々です。笑)
ここまで意識を変える事ができたのはMasumiさんのおかげです。
 
とりあえず今回のセッションは区切りをつけさせて頂きましたが
まだトレーニングはまだ続けていかなければいけません。
ので次回のJapanツアーには成長した私とゴロを見てもらいに参加したいと思っています。
 
何より大事な事はその意識改革をしてくれるトレーナー選びだという事。
飼い主の意識次第で犬は変わります。
間違った意識ではうちのゴロのようになる可能があるって事。
Masumiさんに巡り会えて本当に良かったです。
 
動画に協力して頂いたスタッフの方、ワンちゃん達、本当にありがとうございました。