セミナーとセッションありがとうございました!
たくさんのことを吸収して、感想が言葉にならないくらいでしたけど、少しずつ整理できてきましたので、
遅ればせながら書かせていただきます。

セミナーは初参加でしたが、みなさんが書かれているとおり、楽しくて、内容が濃くて、期待通りでした。
たとえば、ドミナントというと、普通、「支配的なとか優勢なとか」とか言われますよね。
でも、Masumiさんは「いけいけ、自信家、スペースを奪える」と教えてくださるので、犬の姿が目に浮かびました。
Masumiさんの「分かるように教えてあげたい」というお気持ちと会場の「犬を正しく理解したい」という思いが一つになって、
さらにスタッフの方々の気持ちのいい応対で、会場に心地よい一体感がありました。

一番心に残ったのは、「心理をコントロールするのが飼い主の役目」ということです。
プライベートセッションを受けて、その言葉の意味を実感することとなりました。

Masumiさんを知ったのは、セミナーの一か月前だったのですが、それ以前から、飼い主がリーダーになり、
犬が好ましくない行動をとったらコレクションするという方法で、プロングカラーに似た道具を使ってしつけをしていました。
ドナドナ散歩ができるようになり、つながってる感もあったのですが、解決できずに行き詰っていた点もありました。
それは、ハイパーなところがある犬の興奮を静めることができないことと、
ごくたまに起こる犬と人への噛みつきを止めさせることができないことでした。
シーザーのテレビなどを見ると、ハンドラーが変わったことで犬が本来の姿を取り戻す場面をたびたび見ましたが、
そのたびに、「うちの犬は、今は本来の姿ではないのだろうなぁ。
私がちゃんとハンドルしてあげられたらなぁ。本来の姿に戻してあげたいなぁ。」と思っていました。
そんなときにMasumiさんのことを聞き、プライベートセッションに申し込んだのでした。

Masumiさんは、プロングカラーを勧めてくださり、すでに興奮していたうちの犬をカツ~ンと2、3回コレクションしてくださり、
犬はあっという間にしっぽだら~りの完全リラックス状態になりました。
うろうろすることもなく、周りの犬に反応することもなく、一番驚いたのは疲れてもいないのに自分から座って、穏やかな目で周りを見始めたことでした。
Masumiさんが、「今はじめて周りが見えるようになったね。これでこの犬も楽になるよ」とおっしゃっていました。
初めて目にする「わが犬の本来の姿」でした。いつもこの状態にしてあげたいと思いました。
人と犬を噛むことがあるのも、興奮がからんでいること、完全に興奮を落として、
挨拶の仕方を注意すればおそらく噛みが出ないことも教えていただきました。
その他、来客に過剰に反応することなど細々した問題もすべて興奮がらみのことだと分かりました。
興奮を落とす方法が分かり、解決の道が見えて、とても晴れやかな気持ちで帰りました。
(りょうこさん、セッションのブログありがとうございました!新しいスタートの記念になります!)

セッションを終えてからも、目からうろこの連続です。
来客への興奮と吠え、私の外出時に騒ぐことなどは一つずつ教えていくつもりだったのですが、
興奮レベルをコントロールするように心がけて、いろんなことを「させる」ことを心がけているだけで、
コレクションするまでもなく、問題が出ていないのです。
問題はすべて興奮がらみだったことを改めて実感しています。
そして、セミナーで心に残った言葉「心理をコントロールするのが飼い主の役目」の意味が分かった時でもありました。
よい心理状態に維持してあげられれば、そもそも問題も起こらないし、犬は心穏やかに楽に過ごせるのですね。人も楽です。
いい心理状態を定着させてあげて、それが普通になることが今の目標です。

セミナーとセッションを受けられたことがない方、ブログを見て、行ってみようか迷っている方、ぜひ参加することをお勧めします。
犬の本来のよい姿を取り戻すことができると思いますよ。
これから、アカデミーにも参加予定ですので、自分の犬のことだけでなく、
いろんなタイプの犬のことや飼い主さんへの教え方など、たくさん吸収して帰ってきたいと思います。

最後になりましたが、Masumiさん、りょうこさん、スタッフのみなさん、
時差とハードスケジュールの移動の中、私たちや犬たちのために、親身に教えてくださり、心から感謝しています。
アカデミーではまたお世話になりますが、よろしくお願いします!
楽しみにしています!