東京セミナーありがとうございました。
今年は娘と参加いたしました。
私は3回目でいつもは千葉のセミナーに行っていましたが今年は気が付いたら千葉は受付が終わっていました。
それで、東京セミナーに参加したのです。

うちのマシューは私がいる時と居ない時では態度が違うと娘が言っていたので
娘にもますみさんのお話を聞いてもらいたいと思っていました。
私が聞いて話すより娘の耳で聞いてほしかったのでとてもいい機会でした。
お話は画像を見ながら聴きながらでしたので、初心者にもわかりやすくあっという間に終わってしまいました。
画像のかたの態度は自分にも当てはまることが多々あり、自分を見ているようでした。
待って、行って、など○○して…と犬に向かって言っている自分に気が付きました。
そしてNOと何度も言いながら自分の声が大きくなっていくことも。。。
ああなるほどと思うことがいっぱいでした。頭の中に入り切れないくらいです。
メールマガジンも拝読しNOとYESをきちんと示すことのの大切さも感じ日々実践しています。

夏前にマシュ-に噛まれました。
いつも食事が終わってフードボールを貰う時、待てを言ってもらうとスムーズにくれるのですが
その時はもらう時にフードボールを落としてしまい、何気なく取ろうとしたら待てと言わないで、
取り上げたものだから手に噛んで来たのでは無かろうかと思います。
前に噛まれた時には噛まれたことにパニックになってしまって、私が冷静で無くなってしまったけれど、
今回はなんだか噛まれてるなぁ…と嫌に冷静になってしまってNOということもできました。
(噛んでる最中にNOといっても仕方ないのかもしれませんが)それだけでも自分が変わったことが分かりました。
シーザーさんのようなかたでも噛まれる事があるんだとおもったり。。。
噛まれないことが一番ですが今回のセミナーを受けてNOをいうタイミングが少しわかった気がしています。
娘も自分なりに頭の中に残った物を駆使してマシューに向かい合っています。
(よく独り言のようにますみさんがああいっていたこういっていたとつぶやいています)歩みは小さいですが前進していると思います。

去年の千葉セミナーでますみさんにお会いしたときにマシュ-はどう?と声をかけていただきましたが、私は首を傾げるだけでした。
何が合ったわけではないですが数日前から無償にマシューが怖くなっていたのです。
去年1年間は時々、マシューに噛まれた時の恐怖がフラッシュバックのように襲ってきていました。
こんなに小さい犬なのにと思うのですが。。。
今はそのような現象になることも殆どありません。
本当はお話ししたいことが沢山あったのですが出来なかった自分が恥ずかしくてなりませんでした。
今年は…と思いましたがやっぱりますみさんのパワーというかエネルギーに圧倒されてしまいました。
このパワーがあるからどんな犬もますみさんの前ではお利口になってしまうのだと思いました。
お話しできなかったのは、私がマシューの上に完全にたっているという確信がないからとも言えるかもしれません。
来年こそはお話しできるよう頑張ります。

セミナーまだ続きますね。
ますみさん初めスタッフの方々もお疲れが出ませんようにどうぞお体ご自愛ください。
ありがとうございました。