この間は忙しい中ありがとうございました!
道具は正しく使わないとダメですね。
 
セッションを受けた人が、のめり込んでボランティアやスタッフになっちゃうのが理解できました。
 
私の中での保護活動は、病気やけがをした動物を治療する、グルーミングしてきれいにして里親に出すというのがメインだったので、正直犬たちの心理、行動に関して本気で学ぼうとは思っていなかったのかもしれません。
今考えると本当にもったいない! 
 
でも今回のチューイの事故で、意識がかわりました。
これ以上犬たちを被害者にも加害者にもしたくないっていう思いが強くなって、もっと犬について知りたくなりました。
 
Thorのお散歩はなかなかうまくいってます。
もう少し練習してから再度セッションお願いします!
 

LA Memberより
 
MさんはDog Houseでボランティアをしていた事もあり、もちろんMasumiのメルマガも読んで頂いてます!
ですので、基本的な事はしっかりと理解されてました!
なので今回は、その理解と実際のハンドルを繋げる作業♪
 
でもやはり、メルマガを読んで頂いていると理解が早い、深い!
 
散歩の始めはフラフラと意識があちこちへ向き、MさんとChewyの少し前を歩き、Mさんと繋がっていなかったThor。
セッションが終わる頃には、Mさんをチラッチラッと意識するようになり、歩みの遅いChewyに合わせて歩いていました♪
 
道具を変えただけではダメなんです。
道具を正しく使い、犬の心理を理解しないと!
 
セッションの感想ありがとうございました。