アカデミー直前にマクちゃんが天国へ行ってしまい、正直どうしたものか…と思ったのですが、
お会いしたMasumiさんはそんな心配無用とばかりに明るく、むしろマクちゃんの話をたくさんしてくださいました。
 
翌日からのアカデミーでは時差ぼけなんて言ってるヒマがないくらい盛りだくさんで、
楽しく目新しいことに夢中の毎日で1日が本当にあっという間に過ぎて行きました。
 
教えていただくことはもちろん、Masumiさんやスタッフのみなさんの何気ない犬とのやりとりだったり、移動中の話題の中にもたくさんヒントがちりばめられており、何一つ無駄な時がなかったように思います。
 
ホテルへ帰ってからの課題は大変でしたが、考えて考えてやった分以上のものをMasumiさんは返してくださいました。
 
今まで自分がやってきたことや、ここでの初めてのこと、間違っていたり出来なくて当たり前!という気持ちで
自分が思うようやらせていただきましたが、たとえそれが間違っていても、Masumiさんもスタッフのみなさんも「それは違う」とか「間違い」とか言う言葉は使わず、わかりやすく直してくださいました。
 
毎日通ったDog House…
そこには日常の中でいつも犬を思う厳しい目と優しい目、そして笑いが必ずありました。
犬たちの個性的で生き生きとした表情がDog Houseの良さを物語ってると思います。
また、1日に最低1度はパックへダイブ。これは欠かせませんでした。
ここで見て感じた物が、Masumiさんの講義で参考になったり、講義でやった例がそのまんま再現されていたり…
とにかくアカデミーではパックにダイブしないと始まりませんね!
いくらMasumiさんに色々なことを教えていただいても、それが経験として実感できなければ日本でセミナーを受けているのと同じ。
学んだことを即実践できることがこのアカデミーの最大の醍醐味だと思います。
 
そして、始めの頃Masumiさんと犬とのやり取りを見ているとなんだか矛盾しているように見えていました。
…例えば要求を通そうとしている犬にあっさりと応じる、とか。
でもそれは頭でカッチカチに考えているから。
もっと柔軟に頭と感覚の中間で犬と向き合うような、犬が自分にわがままであるようにみえて実は自分が犬にわがままを通す→私がルール。
Masumiさんがコレを出来るのはどんなときでも揺るがない、犬に対する自分があるからだと思います。
アカデミーに来たからと言ってみんながMasumiさんのようになれない。(ってかなれない(笑))
でもアカデミーにくるとMasumiさんのイメージは自分の中に残る。
これが日本でセミナーやセッションを受けることとの大きな違いなんだと思います。
ここでのことが全てではないし、全てを学ぶことはできませんが、少なくともアカデミーでの経験がこれからの基礎となって行くことは間違いないと思います。
 
始まるまではアカデミーで自分の中の何かが変わればいいと思っていましたが、初日に色々やってみて、自分の中で変えて行くんだという気持ちに変わりました。
最終日に「本番はこれからよ!」と喝を入れていただきました。
ここでの経験を生かすも殺すも自分次第。
少なくともここでの経験を社会貢献として犬や人に返して行くことはずっとやって行きたいと思います。
2週間、毎日ホテルまでの送迎やアドバイスをくださったり、話を聞いてくださったスタッフのユウコさん、リョーコさん、カオリさん。
本当にお世話になりました。心から感謝しています。
そして惜しみなく何でも見せて教えてくださったMasumiさん、感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもずっと応援しています!!
 
私のくる2日前に天国へ旅立ったマクちゃん。。。
アカデミーをありがとう、そしてマセラッティに会わせてくれてありがとう!!!
日本へ帰国して2日、初めての時差ぼけになりそして外は雪…LAでの出来事が既に遠い昔のことのように感じます。
でも、イメージは鮮明に残っています。
これからは犬の盛り上げ上手を目指して(笑)、楽しくやって行きたいと心から思っています!
LAで出会った全ての犬たちと貴重な時間をくださった人々に感謝を込めて、このアカデミーの感想と致します。
本当にありがとうございました!