S.プードル、雄のボンと雌のヒナを飼っています。
以前にヒナのプライベートセッション、メールセッションをして頂きヒナは知り合いからもびっくりされるくらい変わりました。
終わってからもたまによく聞く「戻った」という事はなかったのですが、私自身がその先に進めないというか、ヒナがというより自分が変われないという事が気になり私自身を変えるというのが一番の目的でした。
 
dog houseにいる間はマスミさんスタッフの方々の動き、声、どのタイミングで犬に指示をだすかに注目してました。
たとえ部屋の中で世間話をしていても犬が吠えていたらすぐに注意をし確実にNOを犬に伝える。
これが私だったら家の中で吠えてほしくないから犬に注意するのですが
マスミさん達のNOに比べたら私のNOはまるでひとり言、とりあえず注意してみた…くらいのNOなんです。
皆さんのは魂が入っているのです!
 
そしてスペースのとり方、大切さを改めて認識しました。
バックヤードに入る時など自分のスペースを確保してから入る。
アカデミーに参加しなかったら気づかなかったしやらなかったでしょう。 
一頭の犬を私が触ってて他の犬がその間を割り込んできたらその子をどかす。
これ、うちの場合だとボンを触っている時にヒナが割り込んできます。今まではそんなこと気にしませんでした。
 
日常のちょっとした事で知らない間に私がヒナの所有物になっていたのでは…と改めなければいけない事が滞在中に見えてきました。
何日かたつと帰りたくないけど早く帰国してボン、ヒナに試したい!!という気持ちになったりもしました。
 
Dog Houseでは何か特別にカムや吠えるななどのコマンド一つづつ教えているわけでもないのに
犬達は人間をリーダーとし生活する中でコマンドを憶えていくのです。
その為には確実に私たちの言っている事を伝えなければいけない。
これが私に欠けている事なのではと思いました。
 
初日は私も緊張したりしてただ見てるだけ、あまり質問もでてこなかったくらいです。
筆記用具もって勉強するわけではないし沢山の笑いもあるし直ぐにリラックスでき、わからない事はどんどん質問できるようになりました。
お勉強のつもりで来たのに笑ってばかりいたような(笑)
 
Dog Houseの中にいるばかりではなくシェルター見学やドッグパーク、セッション同行、譲度会などに連れていって頂きました。
どれもアカデミーに参加しないと体験できない事ですし本当に良い経験だと思います。
 
私はトレーナーになりたいわけではなく、ただ自分自身、自分の犬を変えたいという気持ちから今回参加させて頂きました。
被災地の犬の預かりをしようとしましたが犬達をまとめる自身がなく受け入れる事ができませんでした。
Dog Houseでマスミさんが私に足りない物、弱さなどを指摘して頂き、わかってはいたけど人から指摘されるとグッとくるというか、、、
マスミさんは犬に厳しく恐いと思われがちですが笑いあり、優しさありです。
えっ、そういうこと犬にOKなんだ…という事すら感じたりしました。
 
人間の存在、ここではマスミさんの存在をきちんとわかっている犬は安心できるし怒られたらヤバッ!となり
遊んでる時は本当に楽しそうだしそれぞれ体質に合ったフードを与えられてるし… 
これでは譲度会でもらわれなくて喜んでいるのでは?と思います(笑)
 
マスミさん、スタッフの皆さんは人間の子供を育てるように犬に厳しく叱ったり、良くできた時には沢山褒め犬を教育しているのだと。
けして訓練ではなく常識を教えている感じがしました。
そこにはたくさんのLOVEがあり私達がつい抱く可愛いからくる甘いLOVEだけではありません。
学ぶ事感じる事、ここでは書ききれないほどあります。
沢山ありすぎて忘れそうだからメモをしておこうと思いましたが書けませんでした。 
体で覚えるしかないのだと…
経験大事だなと思いました。それにはDog Houseで生活できるというのはとても良い体験だと思います。
 
ボン、ヒナがいる間は飛行機に乗ってどっか行くなんて絶対にしたくなかったし行く直前まで今回だけ、、、と思っていました。
だけど今はまたチャンスがあれば行きたいし、私自身がぶれ始めたらいかなければ…!と思います。
行けば自分に欠けている物がわかります。
犬の教育に悩んでいたら行けば答え、ヒントが必ず見つかると思います。
 
ありがとうございました