voice-pic

トイプードル(11か月 ♂)

メール・オンラインセッション
 

この子は、生後50日でブリーダーさんから貰い受け、4・5ヶ月までは散歩させないように言われました。
そこから間違ってたことに、後から気づきましたが、、、
犬を飼うことが初めてのことで、しつけ本を何冊も買い、その通りにやっていきました。
すわれ、伏せ、トイレのしつけはすぐに覚えました。
 
7ヶ月位から、寝ている時近くに寄ると唸る、家の中から外の物音に対しての無駄吠え、何か落とすと走って咥え去る、触ると噛み付く、、、などの問題行動が出てきました。
サークルの前を通っただけで唸り威嚇してきました。
私は何度もざっくり噛まれ、指は傷だらけでした。
 
犬を飼うのは初めてで、頼りはしつけ本や、犬の○○○、、、など。
本にはおやつを使ったしつけ、叱らない、褒めるしつけばかりです。
唸りに対しては、唸らせないように回避する。噛まないように回避することしかなく、対処の仕方はありません。
ソファーの上にいる犬に近づいたら唸った…機嫌が悪いので、その場を離れましょう。というように書いてあります。
 
その後、トレーナーにお願いしました。
主従関係ができてないということで、結局おやつを使ったコマンドのしつけ。
ハウスなどは、おやつがあればちゃんとしますが、おやつがないとやりません。
トレーナーがいる時は、すごくおりこうでまるで別犬。
でも、トレーナーが帰ると元通り。返って、激しくなってたようにも思います。
 
インターネットで調べると、口を押さえる、首輪を掴み伏せをさせる、ホールドスチール、など等、いろんな情報がありました。
反面、口を押さえるのはいけない、ホールドスチールは危険、など、、、情報がバラバラすぎて、何が本当の正しいやり方なのか、疑問だらけでした。
 
疑問だらけの時に、やっとdoggies’911にたどり着きました。
 
ちょうど、ジャパンツアーの申し込みを締め切った時期で、セミナーには参加できませんでした。
ホームページや、いろんなサイトでMasumiさんのことを見ていたので、メールセッションに申し込むまでに躊躇いました。
そんなすごい人に、私のこんな小さなことでお願いしてもいいんだろうかと・・・
 
けれども、どうしても現状から脱したい、犬との関係をお互い信頼できる、笑える関係になりたいと思い、思い切ってお願いしました。
 
私の恐怖心が取れず、また心配性な性格から、ご迷惑をおかけしました。
2週間では私の犬への恐怖心が取れ切れず、1週間延長をお願いしました。
 
結果、家の中では、以前とはまるで別犬というぐらい変わりました。
NOの一言が威力を持ち、ほぼ問題なく過ごせるようになりました。
 
噛み付きもよくなりましたが、まだ完璧ではありません。
ですが、今はちゃんとした対処方法が分かっているので、セッション後も迷うことなく続けて行ってます。
以前は犬に気をつかい、噛み付かれた日には一日が暗~くなってました。
今では犬の表情も良くなり、かわいいと思えるようになりました。
思い切ってメールセッションに申し込んで本当によかったです!!
 
まだまだ、犬についてはわからないことだらけ。
今の行動は何を意味してるのだろう、なぜこんな行動するのだろう、、、と、疑問だらけです。
次のジャパンツアーには必ず参加します!!
 
本当にありがとうございました!!