maro-180x225

 

柴犬(♂)麻呂

プライベート ホームセッション
 

ますみさんに「ヤカラ」と呼ばれる我が家の黒柴、『麻呂』はとっても可愛い子犬でしたが、日本犬が欲しかった旦那の憧れや、『麻呂』と名付けたかった私の夢はアッサリと崩れ去りました。
私たちの考えが完全に甘かったのです 散歩に連れて行こうとすると、地面に足を踏ん張って歩きたがらない、じゃれ噛みは酷く、服は穴だらけ、自分が嫌だと思うことをされると本気で噛み付き、手を傷つけられる、問題が現れ本当にヤカラとなったのです。
 
まだ子犬だから・・・と、どう対処していいのかわからない内に、麻呂が潜在的に持っていた一番酷い問題が行き着くところまで来たところで爆発して現れました。
Food Agression(フードアグレッション)、初めて耳にする言葉でした。餌対する異常なまでの執着心、目つきは変わり、早食い、毛は逆立ち、体全身で威嚇します。
触ると唸り警戒しますし、空になった餌の容器とその周辺すら守るようになり、食後にその周辺を通ると、唸って威嚇したり、時には飛び掛って襲うようにもなっていたのです。
 
ここでやっと事の重大さに気付いた私たちは、ドッグトレーナーさんを探していたのですが、そこでますみさんのブログをたまたま目にしたのです。
書かれていた内容は、犬のしつけ本にはない、本当に共感できる事柄ばかりで、お願いするなら、絶対にこの方が良い!とすぐに思いました。
 
そこで、人間が犬のリーダーシップを取らなければいけないことを再認識させられました。
例えば、「Come」と呼べば、絶対に犬は「Come」をしなければいけない、散歩の時は人間が犬をリードすること、などです。 麻呂の素行が酷かったのもあり、家の中でもリードを付けることを薦められました。
「Come」と呼んでも来なければ、リードを少し引っ張り絶対に来させること。これらを繰り返し続けていくと、「Come」と呼べば時にはしぶしぶ面倒そうではあるけどもちゃんと来るようになったのです。
散歩の時もプロングカラーを用いることで、きちんと横を並んで歩くまでになりました。
これらは私たちの自信にもつながって行きました。
 
一番問題のフードアグレッションに関しては、一進一退が今も続いていますが、酷かった頃から比べると格段に良くなりました。食べ物を目にすると、麻呂も譲ることが出来ないほど本能が強く働いていることを実感していますが、諦めるのは麻呂であり、私たちは麻呂が諦めるまでがんばり続けるしかないです。
 
今回、飼った犬がたまたま問題犬だったことで、犬に対する接し方、考え方が変わりました。
ドッグトレーナーさんが問題を瞬間に直して下さるわけではなく、問題を直す為には私たちの日々のたゆまない努力、散歩の仕方であったり、遊び方であったり、家の中でのルールの徹底などが一番大切だとわかりました。
それを気付かせてくれたのがますみさんです。
 
そんな私たちのこと、麻呂のことをいつでも気にかけて頂いて、時にメールや電話で確認して下さるますみさんはいつまでも私たちにとって強い味方で、感謝の気持ちでいっぱいです。
他の従順な可愛い犬達に比べると、「ヤカラ」かもしれないですが、でも麻呂のことを本当に何とかしたいと考えて下さっている気持ちが伝わり、私たちも今ここで止めるわけにはいかないと再び頑張る源になっているのです。

頭の悪い犬っていないと思います。それは飲み込みの早い遅いの差であって、きちんと教えれば理解できると信じています。ただ、我が家の犬は少し時間がかかっているだけです。
一度預かった小さな命、犬は使い捨ての道具ではありませんので、これからもコツコツと日々頑張りたいです。