voice-pic

シェパード

グループセッション
 

大阪セミナー・セッション参加したシェパード飼い主です。
セミナーでは、犬の見方を教わり、犬の性質というものの見方も具体的に教わり、ドライな目で見ることの大切さを知りました。
 
可愛さ故に、ついつい人間の都合の良い解釈をしがちな自分を捨てきれず擬人化していたのだと思います。
とにかく、この子は他犬に対して攻撃的で、隙あらば噛み付こうとする子でした。(過去形です!!コレ強調)
実際、近所の柴犬に突然噛み付き大怪我を負わせてしまいました…。
その後、何とか改善したいという思いが強くなり、普通に何事も無く自然に他犬とすれ違えるように!!を目標に掲げて…
 
徹底的に犬を見せ、可能な限り犬の集まる公園に通い、他犬に愛犬を近づけてはお尻を差し出し嗅いでもらう事も試してみましたが、余計に火に油を注ぐ結果で、益々凶暴化してしまいそうで、一時中断していました。
冬で夕暮れも早い事を言い訳に…。
 
MASUMIさんに、「明日のセッションでチョイチョイと治しますから!」という言葉に感極まって涙を堪え切れませんでした。
次の日が待ち遠しいと興奮冷め止まない日を迎えたのは数十年振りです。
 
セッション当日、貸切のドッグランへ入るや否や興奮MAXで吠えまくる愛犬。
スパイクカラーを付けてリードでショックを入れても全く吠え止まない始末。
真っ先に愛犬に接してきてくれたMASUMIさん。
無造作にリード持って、カツンとした途端、我が愛犬が豹変しました。
そして、次々に犬を変身させていきました。
 
これがMASUMIマジックなのかと、目から鱗でした。
それから、飼い主が同じように犬を扱えるように的確なアドバイスをして下さいました。
 
過去、トレーナーが愛犬を変えて見せてくれた事がありましたが、私が同じように愛犬を変えるように扱う事が出来ませんでした。
しかし、今回見事に変わった愛犬をしの字のリード(弛んだ状態)で歩き、尚且つ、スグ傍には他犬が居る中で従順な姿勢で居られた事で、感涙。
過去、愛犬の躾での葛藤が走馬灯のように浮かび、この日をどれ程夢見てきた事かと思うと泣けて泣けて仕方ありませんでした。
 
MASUMIさんには、心よりお礼申し上げます。
「有難うございました」
 
愛犬を連れて歩く時は、MASUMIさんになったつもりで頑張って行こうと思います。