Before

 

After

 

黒柴(6か月)いそろう

メール・オンラインセッション
 

去年の秋、我が家に黒柴のいそろうがやってきました。
理想の犬との生活を夢見ていたのですが、犬初心者の私達夫婦は、基本的なしつけの方法もわからないまま近くのしつけ教室に通っていたのですが、いそろうの噛み癖、クレートに入らない、散歩中の引っ張り、は全く治りませんでした。
 
リビングで一緒に過ごす、、、そんな生活を想像していたのに、実際はいたずらや、子供を噛むことを止めさせることすら出来なかったので、リードでゲージにずっと繋いで、おもちゃが届かない所に行くと繋いであるゲージを引きずって動こうとするため、さらにその周りを柵で囲うという飼い方でした。
そのため我が家の小さいリビングは当初の予想以上に犬スペースに取られる事になり、ダイニングをまるまるいそろうの為のスペースに使っていました(涙)。
 
しつけ教室ではおやつを使ったしつけ法で、クレートにおやつをばら撒いて良いところだと思わせる。
噛んで来たら無視をする。散歩のひっぱりについては2か月通っても相談に乗ってもらえませんでした。
 
また噛まれるんじゃないかと言う恐怖心と、いそろうをゲージに繋いで自由を奪っているという罪悪感からか、いそろうがこちらを見る目も、睨まれている様な気がしていました。
と言うか実際睨んでいたのかもしれません。
ますみさんのセッションを終えた今の表情と以前のいそろうでは、全然目つきが違います。
以前ますみさんのブログでも違いが紹介されていた、まさに野犬と飼い犬の目つきの違いでした。
今はなんていうか優しい穏やか~な表情なんです。時々満足そうに笑ってくれるし(嬉)。
 
セッションが始まって数日はますみさんの質問に答えたり、いつもの散歩の様子を動画にとって見てもらいました。
全くこちらを見ることもなくハアハア苦しそうに引っ張る散歩、嫌な事には歯を使って威嚇する状態、私に対するマウント。。。
そこで言われたのは「いそろうは、まだただの「犬」です。
ちゃんと人と生活の出来る「飼い犬」にならなくてはいけません。」というものでした。
 
いそろうを「この子凄い良い子ですよ!天真爛漫というか!」と言っていただいても、その時の私にはたった2週間で今の問題がなくなるとはどうしても思えませんでした。
 
それでもますみさんに言われた事を毎日やるだけで、、、本当に一日でいそろうは変わっていきました!
散歩の引っ張りについてはますみさんの予想通り一日で改善。
その後も問題が出てきても、ますみさんにはお見通しでその都度的確なアドバイスがあり、それをそのまま守るだけでどんどん良い散歩が出来るようになっていきました。
 
散歩以上に私にとってハードルが高かったのが家での放し飼いでした。
いそろうが来てすぐに子供の足を噛んでから、またそういう状態になった時に自分がどうしたらいそろうにダメだ!という事を伝えられるのか。。
その自信がないからでした。
カーテンを噛んでも、いたずらしても、無視をしたところで、いそろうは夢中になっているのだから意味がありません。
その状態で自分が部屋を出て行っても、それっていそろうにいたずらする自由を与えてるのと同じだし。。。
 
私が一番知りたかったこと。それはノー!を言う方法でした。
引っ張ることもノー! いたずらもノー! 人間を噛むこともノー!
そんな一緒に生活するのに一番必要な事が分からなくて3か月もの間苦しんでいたのです。
しつけ教室では「噛まれても、人間が大騒ぎしたり怒ると(構ってくれてる)と理解してもっと噛むようになるからしらんぷりして反応しないでください。」と言われました。
でも、私達大人ならそれが出来ても子供たちに噛まれているのにじっとしていなさい。とは言えません。
 
そんな私にますみさんが言ってくれた一言。
私はまず、犬にNO!を教えます。
すごく嬉しかったです。一番知りたかったことでした。
私たちのそれまでのいそろうの扱いを動画で見てもらった時に
「だめな事をした時にはちゃんとノー!を伝えないといけません。沢山ノー!と言うべきことをしているのに全く伝えてない」
と最初に言われて、まだやり方も教わってないうちに主人と二人、噛んだらノー!飛びついたらノー!を言ってみました。
するといそろうは物凄く怒って唸ったりますます酷く噛もうと狙ってきます。
 
ますみさんはそうなる事もお見通しでした。
理由は今まで私たちは何一ついそろうの嫌がることをしてこなかったこと。
いそろうに何かを我慢させたり、強制したりすることがなかったからでした。
今まで、おやつと交換でしか動いたことのなかったいそろう。
嫌な事はやらなくていいよ。と言った扱いを受けてきたいそろうにとって、急に自分より下の人間(私たちの事です…)が威張り散らしたのが許せなかったようでした。
 
でも、こんな絶望的に見える状況も、ますみさんにかかればすぐに解決してしまうんです!!(ミラクル~~!!!)
散歩で主導権をにぎれるようになると、こちらのノー!がやっと使えるようになるんです。
いそろうが私達を主と認めた途端に、いままでどんなに怒鳴っても効果がなかったのに、口で「ノー!」と言うだけで家でのいたずらは一回でやらなくなりました。
それだけ、犬にとってどちらが上かという事が「させる側」「従う側」をはっきりと分けるものだったんですね。
 
まだまだ天気の悪いとき、こちらのコレクションが上手く出来ない時なんかは、散歩中も少し引っ張ろうとすることはあります。
でも、今はどうしたら良いかがちゃんと分かっているので余裕です。
こちらに意識を戻してあげるとちゃんと歩くことができます。
本当はもっといつでも良い子で隣を歩いてほしいけど、まだ出来るようになって数日。
子供の成長を見守るように根気良くその都度正解を教えていこうと思います。
 
セッションを終えて数日。
今ではいそろうと一緒にまったりテレビを見たり、優しい目で甘えてこられると可愛くてしょっちゅう撫で撫で。
でも、たまにいそろうが調子に乗って暴れたり歯を当てようもんなら、黙ってはいません。
道具やノー!という言葉を使っていなくても、いそろう自身が私達に反抗してはいけない事。
怒っていることを理解して自分から伏せて手をすぐ舐めてきます。
こちらが「ハウス!!」を言うと反省してます~をアピールしてすごすご自分から入ります(笑)
 
ブログを読んだり、実際にメールセッションを受けられた方たちの声を読んだりしながら、私の相談に乗って欲しい!!と熱望していた憧れのますみさんと繋がれたこの2週間は本当に濃くて、毎日が楽しくて、頼もしくて、朝起きてメールを確認するのが楽しみでしょうがなかったです!!
(いつも楽しみすぎて5時頃目が覚めてました(笑))
受ける前は怒られるんじゃないかとちょっとドキドキしていましたが、実際のますみさんは涙が出るくらい優しくて、私の不安や弱さも全部受け止めてくれて。。。
大げさではなく、ますみさんはいそろうと私の恩人です!!私達の人生を変えてくれた人です!!
本当にありがとうございました!!!
 
忙しいますみさんが私達に個人的にアドバイスを沢山してくれて、それもめっちゃ面白く!(笑
勝手にすごく仲良くなれたような気がして嬉しくて(照
会ったことはないのに、私の苦しみをどーんと受け止めてくれた恩人だから勝手にお姉ちゃんの様に思ってます(笑
 
まだいそろうとの生活は始まったばかり。
きっとまた次の疑問や悩みが出てくると思います。
でももう以前の様に悩んで泣くようなことは絶対ありません。
だって私達にはますみさんが居るから!
だからますみさん、これからも私たちの様に悩んでいる人、苦しんでいる人たちのためにも、メールセッション。
ずっと続けていて下さい!
宜しくお願いします!!