masumi-hara-CEO

 

企業代表挨拶02

ロサンゼルスの情報誌「Weekly LALALA」で紹介されました。

 
マガジン Bridge USA

ロサンゼルスの月刊情報誌「マガジン Bridge USA」で紹介されました

私は犬を嫌いな人、怖い人にもきちんと配慮のできるマナーのある飼い主さんへの教育を第一に考えます。
犬と人間が住みやすい環境作りは、まずここから始まるのです。
犬が嫌いな方は、犬そのものではなく、マナーが嫌いなのです。
私はトレーニングという言葉は好きではありません。
 
教育という言葉を使います。
犬の行動そのものを対処するのではなく、 社会という大きな範囲から、自分の犬の行動を客観的にみることのできるマナーを理解するDOG OWNERを増やすこと。
これが私の仕事です。

 

原 ますみ
 
24歳から渡米。動物に関わる従事を目指し、動物保護のボランティア活動を始める。
アザラシやイルカ、といったマリーン・アニマルのボランティア、ボクサー犬レスキューのボランティア、ロサンゼルスのローカル・ボランティア活動のヘルプを続けながら、様々な動物のトレーニングセミナーに参加。 ライオン、クマ、トラやサルなどを対象にした「ハリウッド・エキゾチック・アニマル」のスタジオ・トレーニングセミナーも受講・修了。
 
ピットブル、ロットワイラー、ボクサーなどのアグレッシブな問題行動を多く手がけ、特に、他のトレーナから見限られた犬、自治体から殺処分勧告がでた「問題犬」達を、飼い主を含めて問題解決してきたことから、「She’s miracle!」と評判になる。
 
犬のボーディング・デイケア施設での仕事を経て、シェルターで捨てられる犬に疑問を持ったことから、自らが目指す「保護」を実現するために、Doggies911を設立。
 
こうした経験から、”人間がいかに感情的で、犬社会がいかにシンプルであるか”という考えに基づき独自の哲理を確立。
 
「問題は人にあり!」と語る、ドッグ・ビヘイバー・スペシャリスト

主な実績・資格
 
PETCO, Canine Education Instructor
Sunny Dog Place dog trainer
AKC Certified Canine Good Citizen (CCG) evaluator license number 18486
American Red Cross PET First Aid Certified
Certification of Hollywood exotic animal seminar